保健師の就職先

保健師の仕事は幅広い知識が必要

保健師の就職先には様々なところがあります。
地域で働く保健師・学校で働く保健師・会社などで働く保健師があります。
どれを選ぶかによって就職先が決まってくるのです。
まず地域の保健師ですが、就職先は保健所となります。
地域の保健師はの仕事はとても幅広いものです。
住んでいる地域の乳幼児から高齢者までの人の健康をサポートすることが仕事なので、豊富な知識も求められるでしょう。
次に学校で働く保健師です。
学校で学生や教員の健康をサポートすることが仕事となるので、就職先は学校となります。
養護教諭という職に就き、基本的に保健室で仕事をすることとなります。
最後に会社で働く保健師です。
企業に就職することとなり、産業保健師という職になります。
企業の社員全体の健康をサポートすることが仕事です。
しかし最近ではうつなどのメンタル面のケア、過重労働対策なども仕事となっています。
いずれも仕事内容はとても複雑ですし、幅広い知識が求められることとなります。

 

保健師の求人と転職

保健師の給料はどれくらい?

派遣社員でも保健師なら高収入

看護師資格を持っていないとなれない保健師。
この保健師になるまでには数年間学校に通わなければなりませんし、国家試験を受けるための受験費用も必要です。
保健師になるまでにたくさんのお金がかかるのですから、やはり保健師になった後のお給料には期待したいもの。
では保健師の給料がどれくらいかをご存知ですか?
保健師の給料はどこに就職するかによっても違いますが、平均としては33万程の月収となります。
正社員で働けば諸手当もありますし、ボーナスもつくので年収はとても高い額となるでしょう。
ただ保健師は定着率がとても高い職なので、正社員での求人は毎年少ないとされています。
そのため派遣などでの求人しかなく、ボーナスがもらえないという人も多いようです。
派遣社員の場合は基本給ではなく、時給でのお給料となります。
時給の平均は2200円とされていますので、派遣社員で働いても高い月収は約束されます。
探している時期に正社員の職がなくても、まずは派遣社員で働いてみてもいいですね。
正社員の求人を見つけ次第、そちらで働くという手もありますよ。